六甲ミーツアート芸術散歩2019で野外展示で制作したアート作品「六甲おろし従軍記」を展示後アップサイクル!展示が終わった後、倉庫にしまいこむのではなく、アートピースとして作品をいつまでも皆さんに大切に持っていただきたいと思い、リュックやトートバッグに変えようと思いました。かばんは展示した作品の布のみ使用するので、絵柄が全部違う1点ものです。六甲ミーツアートエディションはたった15点。早い者勝ち。一番最初に予約を入れてくださった方がエディション1。エディション1をゲットした方には甲冑フィギュアもプレゼント☆

The art work "The Battle Of ROKKO OROSHI," which was exhibited in the open-air art event "ROKKO MEETS ART" in Kobe will be up-cycled after the exhibition.   Putting the art work into warehouse once the exhibition is over does not mean anything.  I would rather want you to have it with you as a precious art piece.  That is why I decided to make backpacks and tote bags of cloth cut out from the large art work.  The edition "ROKKO MEETS ART" will come in 15 bags with different diagrams from each other.  You can choose your favorite bag on a first-come-first-served basis.  The first bag will come with a figure of armor.

 


 

写真に映るこのリュックは私の絵画をターポリンに印刷して作った今回の企画のための試作品。手で描いたタッチが素敵なんだ。私はデジタルの仕事で生活してるけど、実は手で作ることもこだわっている。何でかっていうと、その場にあるものをかき集めるように制作するからなの。その場のひらめきが大事。デジタルだと、この段階の制作には親和性が低いのよね。六甲ミーツアートの会場で展示した作品は一番最初は立体だったし、途中は刺繍だった。アニメーションにもなったし、最後はCGで、セルフポートレートにつながった。作り始めたころはこうなるとは思ってなかったの。しかもカバンにしてアートピースを分け合う企画になるとは夢にも思ってなかった。

 

 でも、CGでセルフポートレートは絶対作りたかったんだー。つまり、今回の展示は夢がかなった瞬間だったんだ。

The backpack in the picture is a prototype for this project made from tarpaulin with my artwork printed on it.  The texture of hand brash is attractive.  Though I am working in digital field, I always recognize the importance of working with my hands.  I gather up things around me and work on my art work.  Inspiration on the spot is important.  Working in digital manner does not work well in this stage.  The artwork exhibited in "ROKKO MEETS ART" was sculpture at first, became embroidery and animation, and finally expressed as self portrait with CG.  I did not expect this would be made with CG.  I had no image that I could share the art piece with a lot of people as cool-looking bags.

Making a self portrait with CD has been my dream.  This exhibition let the dream come true.

 


リュックは使いやすいこの形。アートピースとして何が特別かって言えば、これ自体が本物のアート作品として展示されていたこと。巨大な作品を切り分けて、いろんな人に持ってもらうことで作品は生き続けるんだと思う。作って飾って、最後は捨てる。そんな最後のために作品は作ってるわけじゃない。アートイベントが多い時代。アップサイクルという考え方はとても大切だと思うの。

 

リュックとしての使い心地は最高なの。とても軽く型崩れがほとんどない。ターポリンという野外展示やテントなどに用いられる強い素材を使用してるので、雨にぬれても大丈夫。制作してくれた蝉 semiさんは最高のカバンを作ってくれた。

I believe this is the most handy style for bag.  What is special as an art piece is that the fabric used for this bag is actually exhibited as a bigger art work.  Cutting out the huge portrait into several pieces gives the art work chances to keep living.  Make, Exhibit and throw away.  This is not a desirable cycle for art works.  We have many art exhibitions today.  I think this approach of up-cycling has significant meaning.

This artwork is truly awesome as a backpack.  Though it is very light, it always keeps its shape.   The fabric used is tarpaulin, a strong material suitable for outside exhibition or tents.  It is water-proof.  I appreciate great work of 蝉 semi to convert the big artwork into handy bags.


トートバックは裏表でぜんぜん違う柄になるので

気分によって外に向ける面を変えても楽しいと思う。

 

 

私はリュック派だけど、このトートのデザインだったらかばんになっても私の絵が見えて、まるで絵画のキャンバスのようで素敵と思ったの。

Tote bags have totally different patterns in each side of the bag.  We can enjoy using two sides depending on your mood.

I personally prefer backpack, but this looks also attractive since the tote bag looks as if it still works as a canvas for the portrait.